萩研のトップへ  【図書の家】TOP | ヤマダトモコ仕事目録その1へ


 

【ヤマダトモコ仕事目録】その2


最終更新:2008/2/7

この目録は、ヤマダトモコ氏本人から情報提供を受けています。資料制作:小西優里


02- コラム「マンガの居場所」(毎日新聞)タイトル一覧

作成:2002/6/30より 更新:2008/2/7

『マンガの居場所』とは、毎日新聞東京版夕刊[文化 批評と表現]面に掲載された
夏目房之介・瓜生吉則・宮本大人・ヤマダトモコの4人のリレー形式の連載コラム
(ヤマダトモコは鈴賀れにと交代して2000年1月からの参加)。
2002年4月より全国版夕刊[文化 批評と表現]面に移行、コラム枠も拡大して不定期に掲載され2007年12月に連載を終了。
翌年2月7日に全員での終了の言葉が掲載された。
※下記リストはヤマダトモコ担当分。
※瓜生吉則氏担当分は公式サイトでタイトルが一覧されている。


『マンガの居場所』夏目房之介編著・宮本大人・鈴賀れに・瓜生吉則 ・ヤマダトモコ著
NTT出版/\1,600税別
 03年4月刊行
※→BK1へ /ヤマダトモコによるレビュー/書影有り

タイトル 図版   掲載日

キラキラ星の瞳のルーツは?

(C)MACOTO TAKAHASHI
『少女ロマンス 高橋真琴の世界』
(PARCO出版)
2000/ 1/14(金)

多彩になるレディ・コミ

『やせるマンガ』(ワニマガジン社) 2000/ 2/18(金)

研究することと楽しむこと
『コミック・ファン』(雑草社) 2000/ 3/17(金)

「おじゃる丸」原案作家の面白い本

犬丸りん『かんたんに幸せになりたい』
(幻冬舎文庫)
2000/ 4/14(金)

出産・育児と女性の生き方

『ベル・エポック』第9巻から
逢坂みえこ/集英社/ヤングユーコミックス
2000/ 5/19(金)

私はこの作品に賞をあげたい
佐々木倫子『動物のお医者さん』
第1巻(白泉社文庫)
2000/ 6/16(金)

作品のいい影響と悪い影響 手塚治虫『BLACK JACK』第5巻
(c)手塚プロダクション(秋田文庫)
2000/ 7/14(金)

少女マンガのルーツをたどる 昭和30年代に発行された
月刊少女誌と貸本の少女マンガ誌
2000/ 8/11(金)

効果的なカラーの『ジャンヌ』 安彦良和『ジャンヌ』(全3巻・NHK出版)の第1巻 2000/ 9/ 8(金)

志の控えめさがおかしい 「風前の灯」(C)いとう耐/双葉社 2000/10/13(金)

アンソロジーの面白さ 講談社「思いっきりシリーズ」
『思いっきりキレイになる7つの方法』
『「なかよし」読みきり傑作選』
2000/11/17(金)

必要な人が絶対に存在する本 卯月妙子著『実録 企画モノ』(太田出版) 2000/12/15(金)

バレエものがちょっとしたブーム
(C)曽田正人/小学館/
週刊ビッグコミックスピリッツ
『昴』
2001/ 1/19(金)

フランスのレディ・コミに驚き フローランス・セスタック『午後の悪魔』(DARGAUD社) 2001/ 2/16(金)

草野誼の単行本が欲しい 草野誼「夏雲のむこうの国」
秋田書店『デジール』掲載作品
2001/ 3/16(金)

『週プレ』に田嶋陽子がでてる… もりたじゅん「ふんけり」
(集英社YOUコミックス『ダイジョ〜ブよ』から)
2001/ 4/13(金)

おすすめ新刊3冊 『ハチミツとクローバー』
(C)羽海野チカ/宝島社
2001/ 5/18(金)

マンガ賞の傾向 今市子『大人の問題』(芳文社)
よしながふみ『こどもの体温』(新書館)
2001/ 6/15(金)

酒呑みエッセイの名著 二ノ宮知子『平成よっぱらい研究所』
(祥伝社)
2001/ 7/ 6(金)

素敵な彼女たち 近藤ようこ『ヴァージニア』
(青林工藝舎)から
2001/ 8/ 7(金)

女性週刊誌のマンガが元気 藤田和子「シルバー」
(『女性セブン』連載/小学館)
2001/ 9/14(金)

歓迎したいドラマ化 よしながふみ『西洋骨董洋菓子店』
(新書館)
2001/10/12(金)

女性向け男性同性愛のこと 竹宮惠子『風と木の詩』
(白泉社文庫)(C)竹宮惠子
2001/11/ 7(金)

サジ加減でかわる味わい 土山しげる『食キング』
(第10巻・日本文芸社)
2001/12/14 (金)

ゆっくり心に響く作品 『不思議な少年』
(C)山下和美/講談社
2002/ 1/ 11(金)

「あの肉」と「マンガ肉」 『愛蔵版 ギャートルズ』
2巻/中央公論社/p.681
2002/ 2/ 8(金)

「マンガ肉」その後 『文庫版 伝染(うつ)るんです』
1巻/小学館/p.38
2002/ 3/ 8(金) 

絶対に譲らないヘイちゃん 川崎苑子『土曜日の絵本』
(6月発売の集英社文庫〈コミック版〉より)
2002/ 5/16(木)
全国版 

出版文化の近未来描くとり・みき 図版:とり・みき/田北鑑生『ラスト・ブックマン』(早川書房) 2002/ 9/17(火)
全国版 

すごくて悲しい「一人用一軒家」
図版:伊藤理佐『やっちまったよ一戸建て!!』
第2巻(双葉社〉より
2003/1/30(木)
全国版

過去と現在を結ぶ意識

図版:芳崎せいむ『金魚屋古書店出納帳』
第1巻(少年画報社〉
2003/5/15(木)
全国版

ドロドロの世界をゴージャスに 図版:一条ゆかり『プライド』
第1巻(集英社〉
2003/9/11(木)
全国版

なかよくすることの大切さ
図版:上田としこ「フイチンさん」
(『少女クラブ』より〉
2004/2/2(月)
夕刊全国版

岡崎京子の受賞を喜ぶ 図版:岡崎京子『ヘルタースケルター』
(詳伝社)
2004/6/2(水)
夕刊全国版

小説との心躍る関係 写真:高野文子『黄色い本』(講談社)と高野文子の装丁で
新装再刊された『チボー家のジャック』(白水社)
2004/11/2(火)
夕刊全国版

美術館で開催された二つの展示 図版:「CLAMP四」展パンフレット、「OTAKU」展図録とおまけフィギュア 2005/4/18(月)
夕刊全国版

「乙女ちっく」を見直す
図版:『たそがれ時に見つけたの』陸奥A子、『フランス窓便り』田渕由美子 2005/8/22(月)
夕刊全国版

「アメリカでの少女マンガ」 図版:サンフランシスコ空港内の小さめの書店のチルドレンズコーナー 2005/12/28(水)
夕刊全国版

「あしながおじさん」をさわやかに翻案 図版:『Daddy Long Legs』勝田文/集英社 2006/4/25(火)
夕刊全国版

「アートな絵柄で描く「萌え」」 図版:オノ・ナツメ『リストランテ・パラディーゾ』より/太田出版 2006/8/29(火)
夕刊全国版

「不可視ジャンルの成熟表す本」 図版:今年刊行された注目の2冊として、『エロマンガ・スタディーズ』(永山薫)、『シュミじゃないんだ』(三浦しをん) 2006/12/21(木)
夕刊全国版

お菓子から見える作品への愛情 図版:「まんがキッチン」(福田里香・アスペクト) 2007/4/24(火)
夕刊全国版

少女マンガ研究の基礎文献再刊の朗報 図版:米沢嘉弘『戦後少女マンガ史』(ちくま文庫/筑摩書房) 2007/8/27(月)
夕刊全国版

原画と複製について考える 図版:「少女マンガパワー!」展のチラシ 2007/12/25(火)
夕刊全国版

〈連載を終えて 10年間を振り返る〉
 過去振り返り未来見つめ
- 2008/2/6(水)
夕刊全国版

●印は単行本『マンガの居場所』所収。
・「女性向け男性同性愛のこと」は「歓迎したいドラマ化」と合わせて「少女マンガと「魔性のゲイ」」として収録。

★印は文中で「図書の家」のバレエ漫画リストを紹介してもらいました。

03- コミックパーク「マンガ整理室」タイトル一覧
作成:2003/12/29 更新:2005/5/15
コミックパーク』 http://www.comicpark.net/
(絶版マンガオンデマンドサイト/講談社・小学館・青林堂)
※夏目房之介プロデュース・コラムの一つとしてスタート。続行中。
タイトル   更新日  

第1回 
第2回 
第3回 
第4回 
第5回 
第6回 
第7回 
整理室の由来
マンガちゃんを探せ
おばさんがでてくるまんが
マンガとメガネ
感動して泣けるマンガ
こんなマンガ家になりたい
女性誌とマンガ
2002/6/21
2002/7/20
2002/8/20
2002/9/13
2002/10/11
2002/11/11
2002/12/xx

 


第8回 
第9回 
第10回
第11回
第12回 
第13回 
第14回
第15回
第16回
第17回
第18回
雪のシーンが最も美しいマンガ 
マンガとチョコを求めて彷徨いカゼ悪化
手に取れるマンガの幅がひろがれば
「マンガの居場所」のもう一つの居場所
岡崎京子・ジョージ朝倉・くらもちふさこ
フランスのマンガがすごいぞーっ!!
マンガの「中」にこだわること
メガネくん
みんな寂しさを抱えている
小さい頃のマンガ体験
マンガと親族
2003/1/17
2003/2/28
2003/4/4
2003/5/2
2003/6/13
2003/7/4
2003/8/8
2003/9/5
2003/10/10
2003/11/14
2003/12/12
 

第19回

バレエマンガ、あるいは、
スポーツマンガのおもしろさとはなにか?
2004/1/17  

第20回

バレエマンガ、あるいは、
スポーツマンガのおもしろさとはなにか?その2
2004/2/18  
第21回 その魅力を発見する速度 2004/3/19  
第22回 マンガを読むヒマがなく、
自律神経がコワれかける
2004/4/9  
第23回 ヨルダンに『釣りキチ三平』のDVD? 2004/5/14  
第24回 マンガを推薦するって、難しい。 2004/6/11  
第25回 マンガ家志望者の高齢化 2004/7/12  
第26回 マンガ誌入力作業中の楽しみ 2004/8/6  
第27回 ドラえもん図書館 2004/9/10  
第28回 思い出と同じでないけれど、思い出に近い距離にある創作:
「PLUTO ─プルートウ─」と「黄色い本」
2004/10/13  
第29回 平和ボケのまま一生を過ごしたい 2004/11/12  
第30回 CLAMP猛特訓中 2004/12/--  

第31回 少女マンガ年表作成顛末記 その1 2005/1/28  
第32回 少女マンガ年表作成顛末記 その2 2005/2/21  
第33回 仕事がしたくなくなったら −『失踪日記』吾妻ひでお 2005/3/28  
第34回 マンガのセリフと豊かな日々 2005/4/22  


04- その他の仕事目録
作成:2002/6/30
キネ旬ムック『BSマンガ夜話』(発行:キネマ旬報社)の仕事(※作成中)
巻名 タイトル   発行日

vol.2 
萩尾望都「ポーの一族」
大島弓子「秋日子かく語りき」
岡崎京子「pink」

●萩尾望都を読み解くための36のキーワード
(ヤマダトモコ・編集部)
※36個のキーワード中、35個のヤマダ記名。
p84-93(10p)

●大島弓子を読み解くための40のキーワード
(ヤマダトモコ・池田昭彦・編集部)
※40個のキーワード中、29個のヤマダ記名(連名を含む)。
p168-177(10p)

●岡崎京子を読み解くための46のキーワード

(北川タケシ・星野仁・ヤマダトモコ・編集部)
※46個のキーワード中、4個のヤマダ記名(連名を含む)。
p246-255(10p)

1998/12/26号

vol.9 
岡野玲子「陰陽師」
美内すずえ「ガラスの仮面」
●岡野玲子を読み解く51のキーワード
(犬山秋彦・せきぐちりょうたつ・関口久子・ヤマダトモコ)
※51個のキーワード中、8個のヤマダ記名。
p84-97(12p)

●美内すずえを読み解く45のキーワード
(ノリアキラ・Peko・ヤマダトモコ)
※45個のキーワード中、13個のヤマダ記名(連名を含む)。
p196-208(13p)
2000/9/1号


作成:2002/6/30, 2007/8/8発行日訂正
『月刊コミックボックス』(発行:ふゅーじょんぷろだくと)の仕事
巻名 タイトル   発行日

1998年8月号
vol.108 
特集「20世紀の少女まんが」

●「くらもちふさこ/‘何も起こらない’面白さ」
‘何もないこと’のおもしろさを見つけ少女まんがの質を上げ続ける
p36(1p)
●「槇村さとる/非日常のドラマも日常の一部」
ディテールにこだわり、魅力的な人物像を生み出し続ける
p37(1p)

「まんが用語〈24年組〉は誰を指すのか?」

p58-63(6p)
「〈24年組〉と呼ばれる作家の最新の仕事」
大島弓子/木原敏江/坂田靖子/ささやななえこ/竹宮惠子/萩尾望都/山岸凉子
p64-65(2p)

-



作成:2002/6/30 更新:7/1
『季刊プータオ』(発行:白泉社)の仕事
巻名 タイトル   発行日

1999年秋の号 ●コミックあらかると
「単行本化のこの機会に読まなきゃ!の3作品」p93(1p)

<紹介単行本>
『たいへんもいじーちゃん』いがらしみきお(角川書店)
『トルコで私も考えた』高橋由佳利(集英社)
『天使の微笑・悪魔の涙』画:さいとうちほ/原作:宝塚歌劇団
(小学館)
1999/11/1発行

2000冬の号 
巻頭大特集
「世紀末にゼッタイ読む!
特選まんがベスト200」

●ヤマダトモコさんと少女まんがの歴史を探検!
「この作品で、時代を読む!」

1-王子はどこに消えたのか?
  〜少女まんがのヒーロー像の変遷〜
2-「同居」・「同棲」という憧れ
  〜少女まんがの伝統的設定の変遷〜
p26-28(3p)

●コミックあらかると
「手のぬくもりが伝わってきそうな愛すべき3作品」
p113(1p)

<紹介単行本>
『愛よりも深く』草野誼(セブン新社)
『幸福の目』市川ジュン(集英社)
『てぬのほそみち』須藤真澄(秋田書店)
2000/2/1発行

2000年春の号 ●あなたは「りぼん」派?「なかよし」派?
「作品だけじゃ語れない! 雑誌の魅力大解剖」p85(1p)
「表紙を飾ったヒロインたち カバーガールズ変遷期記」p86(1p)

●コミックあらかると
「個人的、共感度大!の3作品」p115(1p)

<紹介単行本>
『(爆)進!シングルママが行く』新川てるえ/本間千恵子(秋田書店)
『お天気といっしょ』2巻 やまじえびね(集英社)
『カルバニア物語』5巻 TONO(徳間書店)
2000/5/1発行

2000年夏の号 ●まんがアカデミズム最前線
「私が「マンガ研究者」を名のるわけ」
p63(1p)

●コミックあらかると
「終わっても終わらなくても、続きが読みたーい、3作品」

p117(1p)

<紹介単行本>
『花きゃべつひよこまめ』完結編 篠有紀子(講談社)
『ハッピーマニア』9巻 安野モヨコ(祥伝社)
『天使のツラノカワ』1巻 一条ゆかり(集英社)
2000/8/1発行

2000年秋の号 ●秋だから、センチメンタルに…このまんがで泣く!
「レディコミの歴史早わかり!
レディスコミックと感動まんがの、切っても切れない関係」

監修・文 ヤマダトモコ  p64-65(2p)

●コミックあらかると
「そこはかとな〜く小動物…の3作品」
p113(1p)

<紹介単行本>
『グーグーだって猫である』大島弓子(角川書店)
『犬あそび』一絛裕子(小学館)
『タイニーポムポム』坂田靖子(小学館)
2000/11/1発行

2001年冬の号  ●NEWS & INFORMATION まんがトピックス
「アングレーム「少女マンガ展」事前報告」

p113(1p)

●コミックあらかると
「思わず「!!」の出ちゃう、感激の3作品」p117(1p)

<紹介単行本>

『女(わたし)には向かない職業』2巻 いしいひさいち(東京創元社)
『綾辻行人が選ぶ ! 楳図かずお怪奇幻想館』楳図かずお
(ちくま文庫)
『炎のロマンス』5巻 上原きみ子(講談社)
2001/2/1発行

2001年春の号 ●「アングレーム国際コミックフェスティバルレポート」
p76-77(2p)

●コミックあらかると
「アートな魅力にあふれる3作品」p109(1p)

<紹介単行本>

『罠の女』エンキ・ビラル/貴田奈津子・訳(河出書房新社)
『神様の名前』多田由美(美術出版社)
『パラダイス・キス』2巻 矢沢あい(集英社)
2001/5/1発行
(※この号で休刊)



作成:2002/6/30
『別冊ぱふ/コミックファン』(発行:雑草社)の仕事
巻名 タイトル   発行日

12号
特集
「マンガ」を研究する人たち


●コラム「まんが研究について気になること」
p70-71(2p)
2001/6/18発行
(5月下旬発売)

13号
巻頭特集
「まんが好きは擬音過多!?」

巻頭特集:Closeup 4
高河ゆん「ネームにこめられた思い」

p24-25(2p)

2001/10/23発行
(9月下旬発売)

14号
巻頭特集 「モンスター!」

巻頭特集:私はこう思う 4
「少女マンガの中の悪魔」

p28-31(4p)

2001/12/28発行
(11月下旬発売)

15号
巻頭特集「まんがと五感」
巻頭特集
「味覚に注目 “絵”なのになぜおいしそうなのか!?」
p18-21(4p)

●CFレポート/キャンディ・キャンディ裁判ついに決着
「『キャンディ裁判』〜マンガと原作の関係について少し〜」

p116-117(2p)
2002/3/28発行
(2月下旬発売)

16号
巻頭特集「世界のMANGA事情」
●「まんが家たちの国際交流」
p28-29(2p)

■川崎市民ミュージアム漫画部門学芸員・ 細萱敦インタビュー
「東アジアまんが事情」

(取材:ヤマダトモコ) p36-41(6p)

●Comics Review

・「MONSTER」18 浦沢直樹 p133(1p)
・「黄色い本 ジャック・チボーという名の友人」高野文子p137(1p)
2002/6/30発行
(5月下旬発売)
(※この号で休刊)



作成:2002/6/30
『週刊朝日百科/世界の文学』(発行:朝日新聞社)の仕事
巻名 タイトル   発行日

vol.110
テーマ編:マンガと文学
「ジャングル大帝 あしたのジョー
無能の人 トーマの心臓 西遊妖猿伝…」

●「萩尾望都/少女マンガの中の〈文学〉」
p11―311-313(3p)
2001/9/2号



作成:2002/6/30 更新:2005/5/15
展覧会の仕事
展覧会名/会場/期日   内容    

「出版資料に見る少女まんが」展
期日:1998年8月7日〜 10月11日
会場:川崎市市民ミュージアム・2F漫画ギャラリー

●展示企画/展示解説書(27頁)
 

第28回アングレーム国際コミックフェスティバル
テーマ:日本特集
「少女マンガへの誘い展」
期日:2001年1月25日〜 1月28日
会場:アングレーム(フランス)

●展示企画  

CLAMP展
[CLAMP 四su]
MANGAアートは時空を超える
期間:2005年1月22日〜4月10日
会場:川崎市市民ミュージアム
●展覧会パンフレットに寄稿
「CLAMP -「普通」の大切さを知っている、特別な存在-」
●展示協力:「創作の秘密」コーナー
 





bk1:ブリーダープログラム bk1
ブリーダープログラム

◎掲載の文章、資料及び図像についての複写および転載はご遠慮ください。
ご意見・ご感想は
BBS 図書の中庭まで[TOSHO]